近親者だけでする家族葬のメリット

家族葬またはファミリー葬は、最近主流になっているお葬式のスタイルです。
近親者や親しい友人や知人たちだけで通夜、葬儀、告別式を執り行うのが家族葬の基本です。
通夜を行わず、葬儀だけ、告別式だけの場合もあります。
仏式の一般葬の場合は一般会葬者も参列に来るので、大きな斎場を貸し切りで行う必要があります。
しかし、近親者だけでする小規模な家族葬なら、わざわざ斎場を借りなくても自宅でもできます。
また、一般会葬者を接待する飲食費用もわずらわしさも必要なく、リーズナブルで心理的負担が少なくできるのも、家族葬のメリットです。
家族葬の費用は参列者10人程度なら30万円、参列者30人以上なら40万円以上が目安です。
家族葬でも友人や知人、恩師などが沢山参列すると費用が高くなりますが、身内だけなら安くできます。
また、斎場を借りて家族葬を行う場合、自社斎場を所有している葬儀会社を利用すれば、斎場の利用料金が安くなります。