葬式で故人と対面する際のマナー

葬式の際に故人と対面する際にはマナーを守って謹んで対面する事が必用であり、遺族に対して配慮の欠ける行動に注意する必要があります。
故人から一歩下がった位置で故人に対して一礼をして故人のそばによって手を合わせます。
故人の顔を覆っている白布を遺族があげてくれるので、その際に故人の顔を拝して対面します。
手を合わせて故人の冥福を祈り一歩下がって遺族に一礼をして退席するのが一般的な作法ですが、厳格にこの作法を守る必要はありません。
大切なのは遺族に対するお悔やみの気持ちと故人に対して冥福を祈る気持ちである為、しっかりと最後のお別れをする事が重用です。
参列する際には開始時間の案内通りに到着するように心がける必要があり、万が一間に合わなかった場合でも読経中に着席する事は避ける必要があります。
やむを得ない事情で遅れてしまった時にはお詫びを述べて焼香させてもらい、香典を直接遺族に渡すか拝礼の後に霊前に向けて供えます。

東京八王子にある墓地です

渋谷区 お墓

沼津石材株式会社のサイトhttp://www.numaseki.com/

ライジングブルについて書かれております

ラスターレイクについて書かれております

最新記事